最近の記事

2009年03月20日

クリスチーネ・F

出演 : ナーチャ・ブルンクホルスト、トーマス・ハウシュタイン、イェンス・クーパル

彼女が友人とともに麻薬に手を出し始めたのは1974年頃のこと。徐々に麻薬への依存は抑えきれなくなっていく。やがて、フェルシェリノヴは14歳にしてベルリンのZoo駅付近で売春に手を染めることになる。ボーイフレンドのデトレフも男娼として体を売り始めた。一方、クリスチーネの母親は娘の生活が破綻を来たしているのに気づかない。あるとき、新聞の見出しがクリスチーネの目に入る。親友のバプジーがオーバードーズで命を落としたのだ。バプジーもまた14歳。友人の死、当時のドイツでは最年少のヘロイン中毒死という事実を突きつけられ、彼女は戦慄する。












posted by 映画まとめ管理人 at 03:29 | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。