最近の記事

2009年06月04日

レナードの朝

出演 : ロバート・デ・ニーロ、ロビン・ウィリアムズ、マックス・フォン・シドー、ジュリー・カヴナー

嗜眠性脳炎の患者20名に、1960年代に開発されたパーキンソン病向けの新薬L-ドーパを投与し、覚醒させたが、耐性により効果が薄れていった状況を記述している。実話である原作では20名の患者全てに対する記述が行われているが、映画は原作に基づくフィクションであり、レナードに対する描写が主である。

posted by 映画まとめ管理人 at 20:07 | ラ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。